靴紐の長さの選び方

買った時に付いている靴紐は、長かったり、短かったりしている場合が多いようです。

そんな時は、長さを確認してみましょう!

靴ひもの長さは、ひも結ぶ前の状態で、20cmほどの長さがあまっているのが理想的です。

これよりも短い場合

結びにくいこともありますが、結んだあとのバランスも悪くなってしまします。

これよりも長い場合

結んだ後のひもが余り過ぎて、歩行中に踏んづけてしまい、解けてしまうことになってしまいます。

靴紐の長さの目安となる計算式

ハトメの数×15cm=目安となる靴紐の長さ

靴のデザイン(内羽根なのか、外羽根なのか等)、靴のサイズにもよりますが、靴紐を選ぶ際の目安となる計算式です。

ハトメの数・・・靴紐を通す穴のことをハトメを呼び、この穴が片足で左右に何個ずつあるのかを表しています。

5個ハトメの靴

こちらの靴は、ハトメが内外にそれぞれ5つずつありますので、

この靴は、【5個ハトメ】となります。

目安となる紐の長さは、

5個ハトメ×15cm=75cm

となります。

この計算式は、目安です。

5個ハトメだから、75cmを選んでくださいというわけではありませんので、ご注意ください。

靴のデザインにより、ハトメ間の距離が異なったりするため、長さを正確に計算することはできませんので、今付いている靴ひもを外してみて、測ってみることをオススメいたします。